劇用車、イベントや撮影用の旧車のレンタルなどご相談下さい。
Get Adobe Flash player

警告灯が点灯したら

メーターパネルにはさまざまな種類の警告灯があります。

エンジンが始動中なのに警告灯が点灯・点滅した場合は重大なトラブルが発生したと考えらますので、速やかな処置が必要となってきます。

警告灯

【排気温警告灯】 マフラーに異常燃焼があると点灯します。安全な場所に停車させ、エンジンを停止させましょう。その際に燃えやすい物が車の下に無いか確認して下さい。

警告灯

【油圧警告灯】 エンジンオイルの圧力が不足している時に点灯します。エンジンが焼き付くおそれがありますので、安全な場所に停車させ、エンジンを止めて10分~15分後にエンジンオイルの量を点検して下さい。

警告灯

【充電警告灯】充電系統に異常があると点灯します。Vベルトの切れなどが考えられますので、そのまま走行しているとバッテリーがあがる可能性があります。安全な場所に停車させましょう。

警告灯

【ブレーキ警告灯】パーキングブレーキをかけたままの時、ブレーキ液が不足している時、ブレーキブースター系統に異常がある時に点灯します。パーキングブレーキを解除しても点灯したままの時は、安全な場所に停車させましょう。

警告灯

【エンジン警告灯】エンジン制御システムに異常がある時に点灯します。エンジン回転中に点灯した時は、速やかに点検を受けて下さい。

車の故障・不調
車の傷や修理
劇用車レンタル
スマホ用QRコード